INOUI~インウイ~忘れられない香り

0012.jpg

18才の頃
バイト代で初めて買った 『香水』
1970年代  資生堂から発売されたものです

今や私の生活は
『自然素材』 『オーガニック』 と、天然に こだわり
本物の植物から抽出された
精油(アロマオイル)を扱うセラピスト
自然の香りで満たす日々。。。

科学的な技術により調合された香りへの興味は
かなり薄まったものの
やはり懐かしの思い出と
抱き合わせた このインウイの香りは 『格別』 です
忘れることはできません

当時はまだ 海外ブランドの香水が少なくて
背伸びしたかった私達の年代は
資生堂など国内ブランドの名香に酔いしれていました

同年代の方には 懐かしいでしょう
シャワーコロンから始まり
ばら園  ホワイトローズ  むらさき  モア
そして インウイ
ノンブルノアールや すずろ は高価すぎて
見本の香りを嗅いだ事しかありませんが・・・

80年代後半 時はバブル時代
海外の香水も沢山 でてきました
一斉を風靡した ポワゾンで街中はむせ返りそうなくらいで(@_@;)
青春の1ページともいいましょうか
ムスクの香りも忘れられませんね☆☆

『インウイ』は グリーンフローラル系の香りなのですが
ラストノートに ほのかにムスクっぽさが残ります
なんとも鮮烈で 独特な香りで
トップからラストまで 釘づけにされてしまいます
素材の一部には 樫の木の苔が使われているとのこと

少し前 ある香りから 『インウイ』を思い出しました
一気に懐かしさが蘇り 資生堂に問い合わせたら
もはや とうの昔に廃盤・・・・・
素材の入手が閉ざされ 永久に復刻はないでしょう (-_-)
非常に淋しい気持ちです
ネット検索してみると 私の様なファンがあまりに多いことに驚きました

大切に少しづつ使い続けている人
空き瓶の残り香を時々嗅いでいる人
なんだか・・・
ちょっと怪しい光景では ありますが(>_<)
みなさん 手元がなくなったらと不安を隠せない様子でした

もしや??? と 私も同年代の友人知人に捜索かけていますが(^_^メ)
何故に そんなに嗅ぎたくなるのでしょうか・・・

やはり そこには
『記憶』 『思い出』 が 深く関わっていて
思い出と香りは 切っても切れない関係だからです

『古い脳』  と呼ばれている
『大脳辺縁系』
本能を司っている部分です
記憶は ここに蓄えられてゆきます
そして香りの信号は この部分に届きます
だから ある香りを嗅ぐと それに抱き合わされた記憶が蘇ります

『人はなくしたものを 胸に美しく刻めるから~』
という 唄のフレーズにもあるように
脳で蓄えられた記憶を
何かしらの刺激 (香りや音楽や風景)によって蘇らされた時に
鮮明に心が呼び起こされる・・・・・
そんな現象を体験できるのですね

五感に刻まれてしまった
思い出の香りや音楽は一生忘れられないものなのでしょう
時々 懐かしの曲を聞きたくなるように
懐かしの香りをかぎたくなるものです

空き瓶さえも 捨てずに置いておくものですね・・・
悔やんでも仕方ありませんので
いつか・・・ どこからか
またインウイと再会できる時が来ることを
楽しみに待つことにしてみます(*^_^*)

みなさんは  いかがですか?
思い出と共に忘れられない香り ありますか?

 

コメント

  • 手首から香るシャネルのクリスタルが忘れられません。
    甘く苦い思い出・・・

    by カンパチ    2009/12/28 22:09

  • カンパチさん☆
    コメントありがとうございます

    カンパチさんにも やはりあるんですね・・・
    甘く苦い思い出

    思い出と香り
    このセットは 人生の足跡といいましょうか
    残り香といいましょうか・・・・・

    ふいに思い出し
    しみじみ 浸るのも良いでしょうね・・・

    by 癒香    2009/12/29 19:39

  • 忠に聞いてみてんけど、残念ながら香水全部、捨てたみたい。。。。。

    by たあこ    2010/01/04 20:09

Menu

HOME

 TOP