癒しの石 ヒーリングクリスタル

001.jpg

神職をしている友人を通じて 素敵なクリスタルと出会いました
甲州金峰山系より産出された 貴重な本水晶勾玉(まがたま) です

3年程前 ヒーラーの友人に勧められ以降 石を身につける様になった私
この3年間 私が付けていたのは 「茶金石」という 勾玉。。。
茶の中に 細かな金が散りばめられていて 光に当てると とても美しく輝きます
パワーストーンには 偉大な 「浄化」 のエネルギーがこもっていて
それから パワーストーンへの興味が高まり 本で勉強したりしました

そうなると やはり 欲しくなるのは 中でもひときわ エネルギーの高い クリスタル(水晶)です
そう思っていたら 出会いました!! しかも 勾玉です ☆☆

皆さんは 時期毎に 「好みの色」 の変化はありますか?
周りで聞くところでは 結構 みなさん変化していますね。。。

ちなみに 私は・・・ 八丈島で暮らす数年前は ずっとブルーが好きでした
それが 島暮らし始めて 2年目の春 とつぜんグリーンに変わりました
それまでのブルーが なんだかとっても冷たく見える様になってしまって・・・

グリーンは カラーセラピーでいうところ 「癒し」 の色なんですね
その後は グリーンを継続しながら  赤 にも目覚めました
グリーンの中に赤って 見事な鮮やかさ放って とても美しいのです
癒香の イメージカラーでもあります

そして 今年に入ってから なんと ピンクが大好きになりました
これまでの感覚からは 全く予想外の色なんですが・・・
友達に話すと 「ピンクなどの パステル系になったら 年を感じるよね~」(汗)
なんて、言われましたが・・・(笑)

ピンク色を身につけると とっても穏やかで
柔らかな気持ちになり「幸福感」 を感じるのです
今は クリスタルと共に  「ローズクオーツ」 に関心高いです。。
ローズクオーツの 優しい淡いピンク色 見ているだけで 顔がほころびます

そして この頂いた 勾玉クリスタルを ネックレスにデザインしてみました

136.jpg

島の仲間で アクセサリー作りしている ゆりこちゃんに 協力してもらい
配色を決めてからの作成は 彼女に お願いしました
ローズクオーツは 使えないけれど ピンク色を意識して。。

勾玉クリスタルの上に 透明と 茶色の丸いクリスタル
これは 「火の玉」  「水の玉」 なんです
左右の色が違うのにも 意味があるのです

お揃いで ピアスも作ってみました
接続部分には 少し濃い ピンクで締まりを 利かせて。。

006.jpg

フェミニンなムードで 女性らしさが増します
クリスタルの透明感が 本当に綺麗ですね

132.jpg

画像がぼやけてしまって 申し訳ないのですが もう一種類あります
こちらは、乳白色の勾玉クリスタルで サイズも少し大きいので
はっきりした 赤をアクセントに入れて ヒモもハードに編み込んでみました

016.jpg

先のデザインよりは ボリュームでましたね
乳白色クリスタルも とても可愛いですね

ヒーリングクリスタルに 興味ある方は 勾玉のご紹介致しますし
オリジナルのネックレス作りなども 御相談に応じます

古代。。。 叡智ある人々は 石を身につける事を 自然に習慣としていました
心の癒し だけではなく
浄化   魔除け   気の向上   と
精神世界を大切に考える繊細な人には 強く
そしてとても優しい お守り 宝物 となります

★ 国産水晶マメ知識 ★
● 水晶は 日本の国宝石
● その代表産地は 金桜神社のある秩父連峰の主峰 金峰山一体

★ 勾玉クリスタルは 金峰山系より 産出
★ 火の玉 水の玉 は 金桜神社の御神宝
★ 現在入手困難な 希少品
★ メインの3つの水晶を結ぶのは 自然繊維である 「麻」

019.jpg

アロマセラピーは 天然植物の香りで 心と体を癒し 私達が本来持って産まれてきた
「自然治癒力」を 発揮するお手伝いをしてくれます
ヒーリングクリスタルは 全てのものを浄化する強いパワーを持つといわれ
体のチャクラ  (ヨーガの身体観で 会陰部から頭頂部まで 7か所あるエネルギーの集結部)
を開いて通じ 自由にエネルギーが流れます

クリスタルは 全てのエッセンシャルオイル(アロマオイル) にも関連する
鉱物の中でも 寛容な石

香りと クリスタルの 相乗効果を 体験してみませんか?
お気軽に お問い合わせ お待ちしております (*^_^*)

ナチュラルセラピー 癒香 (04996) 2-0399

 

Menu

HOME

 TOP