OCEAN LEGEND 1

2-911.jpg

134.jpg

OCEAN  LEGEND (海洋民族の伝説)

彼の名は デュークさん
今、八丈島に滞在しています

この台風が落ち着いたら
八丈島から江ノ島までの約250キロを
アウトリガーカヌー(一人乗り)で渡るのです

トップの写真は ★1st Stage
去年、伊豆大島から葉山までの65キロをスタンダップパドルで横断の模様

今回は ★2nd Stage
来年以降に計画している ★ Final Stage では
江ノ島を出発して南伊豆を経由して
伊豆諸島を巡り 小笠原までの約1200キロを
6人乗りアウトリガーカヌーで交代を繰り返しながら漕ぎ渡ります

沖縄に移住している兄から デュークさんという人が
八丈島でチャレンジをするとは聞いてたものの
連絡をとる間もなく 海辺のカフェで 出会うべくして出会いました

105.jpg

087.jpg

095.jpg

116.jpg

122.jpg

西の海側は 晴れていて 後ろの山側は スコール
ダブルレインボーが 現われました
暮れてくると月も出てきて 虹と夕陽と月☆☆
奇跡のひと時でした。。。

デュークさんの話には 言霊があるから 感動が絶えません
★1st Stage の映像を見て 泣いてしましました(*^^)v (かなり涙もろいです)

彼は 無謀な冒険家ではなく 大きく深い意義をもって このプロジェクトを立ち上げました

★★★デュークさんからのメッセージ (抜粋)★★★

☆あの島の 遥か彼方には 僕たちがたどり着くべき未来が待っている☆

僕のやっている事 「海を人力で渡る」 という事・・・
凄い事みたいに思うかもしれないけど 私達の遠い祖先は行っていた事なのです

遥か昔 日本という海に囲まれた島に生活していた民族が存在し
彼らが当然の様にできていた事を もう一度見直し
彼らのスピリッツと誇りを取り戻し 海に目を向けてもらう事で
自然と調和しながら持続可能な生活をする事の大切さを
認識するきっかけになればと思います

「無謀なる挑戦」なのかもしれませんが このくらいの事をしなくては
現代のハイテクにおいて 皆さんに感じてもらう力
メッセージを伝える力が ないのではないでしょうか
勿論 綿密な準備と努力をして挑みますので 無謀な事は致しません 御安心ください。。

「人間は自然の一部なんだ」 「人間の力でここまでできるんだ」 という
ぞくぞくする感覚を少しでも感じてもらえれば。。 と思います
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

137.jpg

145.jpg

142.jpg

141.jpg

そして彼は 伊豆諸島の島と島を結ぶことも目的としています
今回は 途中の三宅島にも立ち寄ります

台風の影響で 出発の予定が大幅に遅れています
全てに意味があるんですよね。。
そのお陰で 出会う人が沢山いる。。 と

美しい海は豊かな山があるから・・・
八丈島の山へも挨拶に行きました

水海山を案内し 渡神社へも。。
この神社は 「海の神様」 海を渡るために 八丈島を訪れたデュークさん
今 一番この神様に会うべき人でした
きっと ここで心身のバランスを更に強化するためなのではないか?
と、私は感じています

彼を色んな人に引き合わせている 友達のタロウちゃん
私にもできるお手伝いをしたいと感じています  無事に達成してもらいたいです

このブログをお読み下さっている皆さん
惹かれるものを感じたら ご連絡ください
yuko-8jyo@aw.wakwak.com
賛同してくれる仲間を募っています!!

★★ Final  Stage で一緒にカヌーで海を渡るクルー ★★
船舶関係で協力してくださる方 もしくは知り合いがいる方 ★★
その他 純粋に海~自然~地球に敬意を感じている など
是非 デュークさんに会ってみてください (*^_^*)

海洋民族の伝説~を甦らせる旅 OceanLegend オーシャンレジェンド
http://oceanlegend.net/
2nd Stage
http://oceanlegend.net/2nd.html
3rd Stage クルー募集
http://oceanlegend.net/3rd5.html

 

コメント

  • うん、すごくいい感じですね。

    ちらほらポスターで存在は知っていましたが。

    上手くいえないけどとても好きです。

    台風もちゃんと意味のあることって。

    きっと何かが繋がっていくんでしょうね。

    by rami    2009/10/04 10:24

  • コメントありがとう☆

    私 久々に揺さぶられています。。
    映像を是非見てみてください

    こんな人との出会いは 
    そうあるものではないです

    彼のサポーターとして何か出来る事が
    喜びと感じます。。

    触れた人は何かしらの気づきを
    感じていくことと思います

    by 癒香    2009/10/05 00:02

Menu

HOME

 TOP