OCEAN LEGEND 4 バランス

OCEAN   LEGEND

066.jpg

八丈滞在 12日目くらいかな? の今朝 デュークさんは
一時帰国しました (八丈では本土の事を国と呼ぶ)

今回日本列島を通過した 台風18号は
デュークさんの地元 湘南海岸にも多大な被害をもたらしました
このプロジェクトの受け入れでもある 江ノ島も大変な事に・・・
そして海をこよなく愛する湘南の仲間達が 心に痛手を受けている・・・
いてもたっても居られず。。

0682.jpg

「向こうの様子と 八丈のコンディション次第で すぐに戻ります!!!」
デュークさんは いつもの笑顔で乗船しました

069.jpg

出港まで ずっと手を振ってくれました

070.jpg

船が走り出したら 一番上のデッキに上り 手を振ってくれました
デュークさんの姿 見えますか??

当初 彼はこんなに滞在が長くなるとは
思っていなかったのかもしれません

☆ 出発する港の許可
☆ 伴走船との出会い
☆ 大型台風の到来
☆ 海のコンディション

けれど 起こること 全ては必然で 意味がある事
それを ちゃんと知っている人でした
与えられた時間と捉え 感謝し
毎日の出会いを大切にし 笑顔で過ごしていました。

私達夫婦は 多くの時間を共有させてもらう事ができ
とても沢山の学びを頂きました

彼の表現・・・ 言葉使い・・・ 行動・・・
中でも  私がとても印象深く 感じた場面は
水海山に案内した時の とても静粛な表情 森に祈り語っていたんだと思います

八丈太鼓を見学に行った時でした
八丈を代表する 打ち手の皆さんである
六人会の練習の場へお邪魔させてもらう事が出来ました

私などからしたら 六人会の練習場へ行くなんて
恐れ多くて ちょう~緊張だったのですが
デュークさんは 謙虚でありながら でも腰を据えて
落ち着き 深い呼吸で 聞きいっていました

背筋を正して 目を閉じて 両手は膝の上に乗せ
手のひらは太鼓に向け (ヨガでいう 瞑想のポーズ)
開いた胸全部と手の平から 太鼓と打ち手さんの
とてつもないパワーを 漏らさず 吸収しているかの様でした

八丈太鼓 とくに六人会の皆さんの太鼓は 島の宝と申しましょうか・・・
島の男のパワーと魅力を 体で感じます
あまりの迫力に 聞いているだけで
こちらも高まり 胸がドキドキします
終わると とてもスッキリした気分になるのです
本当に凄い人達なのだと感じます

☆ 六人会HP ☆
http://www.geocities.jp/bhyfr924/index.htm

今回は 六人会の若手である ふみじ君が
見学させてくれるタイミングを計らってくれました
彼も デュークさんが無事 このプロジェクトを 達成してほしいと願っています

このとき ふみじ君がデュークさんに 島の神社の御札を手渡しました
「天照皇大神宮」 と書かれているのを見て
デュークさんは目を見張りました!!
そう!! デュークさんは 自分の守護神は 太陽だと信じている人。。

島には多くの神社があり 色んな神様が祭られているなか
よりによって太陽の神様なのです!!
これには 私もびっくりして 「凄い! 凄い!」 と騒いでいると
翌日ふみじ君は デュークさんをこの神社へ 案内したのです
さすが! ふみじ君ありがとう!!

八丈の太陽の神様とも ご対面できた デュークさんです
初めに考えていたであろう 早々の出発といかなかった事にも 意味はあって
その日を迎える時に 全ての答えがわかるんでしょうね~
それが 楽しみでたまらない 私なのです(*^_^*)

又、続編をお伝えしますので お楽しみに☆☆☆

 

コメント

  • すべてのことに意味があって、
    その中で、感じて、吸収して、成長していくために
    この世に生れてきたことを、改めて感じるね。

    運命、言霊、瞑想・・・
    そして、ゆきさんの言葉からも、
    どんどんそれが伝わってくるなぁ。
    蔭ながら、デュークさん、応援しています~。

    高校の授業、聞きたかったなぁ~~~。

    by てる*    2009/10/19 04:50

  • てるちゃん★★
    ありがとう~~!!

    来年以降に計画している ファイナルは
    江ノ島から小笠原まで漕ぎます!!

    その時 クルーザーに伴走してもらわなきゃなんだけど
    照井家クルーザー計画(*^_^*)を
    思い出しちゃったりしたよ!!

    同じ海を愛する者同士 通じあうもの感じるものあるよね☆

    by 癒香    2009/10/19 13:08

Menu

HOME

 TOP