女性の癌について ~ピンクリボン活動~

201003231711000-2.jpg

息子が庭で見つけた 特大クローバー 「ママ  ハートだよ♥」 って☆☆
この可愛らしい 小さな手をみていて つくづく 思う・・・ 「生きてて良かった~」 って。。

今日は 女性の癌について☆

最近 FMやテレビ 又、 いとこの姉さんからも 「がん検診」の言葉がよく届く

実は私

24歳の時に 子宮頚ガンの ギリギリ手前の診断を受けました

24歳・・・・・

若いですよね

長女を妊娠したお陰で受けた 子宮ガン検診で分かったのです
妊娠についての知識もろくにない若さで
それはそれは 本当にショッキングな告知でした。。

「このまま放置すれば 3人に1人はガンになる」
 「そうなれば 子宮摘出もあり得る」
と 医師の言葉は刺さってくるようでした。

長女を出産後 危ない一部をカットする手術を受け
事なきを得 助けて頂きました
今も定期検査は受け続けています。。

もし?? 夫と結婚していなければ・・・
長女を授かっていなければ・・・
独身で 検診などに意識を向けていなければ・・・
知らぬ間に 3人の1人になってしまっていたら・・・

私は 今ここに居ないのかもしれないです☆☆

長女を授かったお陰 それは 夫と出会ったお陰
 私の命の恩人 そう思っています。。

去年の春 左の乳房に違和感を覚えました。。

その少し前に 町の集団・乳がん検診を 受けそこなった事を悔やんでいたので
余計イヤな予感がして すぐに 上京し検診を受けてきました。。

違和感の原因は 幸い「水膿胞」 でした
女性ホルモンのバランスに関係して 発症してしまうもので 危険なものではないそうです
ホルモンバランスが整うと 自然に消滅していく水分
40代に入ると ホルモンバランスが変化していくので
疲れやストレスといった 日頃の出来事にも敏感に反応する様です

この時 伺ったクリニックは 女性院長で
院内全体にアロマの香りが焚かれていて
ほんと女性向けの サロンの様な雰囲気でした

こちらの院長がまた 宝塚歌劇の男役みたいに さっぱり格好よくって
頼れそうな男前な美人女医☆☆

「あれから1年経つな~~そろそろ定期健診受けなきゃ」と
彼女の顔を思い浮かべていたら
なんと今朝のFMラジオで この女医・島田先生が登場されていて
乳がんについて話されていました(>_<)

シンクロです~~~☆☆

もうビックリ!! これは行けって お告げですね??
 来月 上京するので 予約いれなきゃ!!

島田先生の お話によると
乳ガンは 早期発見だと怖い病気ではなく助かるもの
何の病気もですが やはり定期健診が重要です
1年に1回くらいのペースで受けておくのが良い様です。
1年前に異常がなければ 今年に何か見つかったとしても
進行性の怖い事になっている確率は低いと。。

1年なんて あっという間
つい こないだの事です。。
自覚が無く 元気に過ごしていると検診への意識も 薄くなるから
忘れにくい記念日あたりを検診時期と 覚えておくのが
コツだと教えてくださっていました。。
お誕生日 大切な記念日 などが良いですね☆

ちなみに 八丈島の 今年度の住民検診の時期は
8月後半~ 電話予約
9月頃~ 検診 だそうです
今はまだ あくまで予定なので 夏になったら 忘れず広報をチェックです!!
乳がん マンモグラフィー検査を受けれるのは
40歳以上の 偶数年の方 42歳  44歳  46歳 ・・・って感じですね
住民検診は 有難いことに 無料ですね。。

参考までに・・・ですが
都内などの クリニックで 症状がなくての 健康検診で受ける場合は
子宮頚部  体部  乳がん  それぞれ約1万円ほどします。。

上手に地域の住民検診を活用して
それ以上の検診などは 個人的に受診を受けるのが良いです。。
早期発見なら 助かる命が
年々 乳がん患者は増えていて
はっきりした人数はデータ統計とられていないそうですが
おおよそ 1万人の方が 命を無くされているとのこと。。。

検診のお陰で 命拾いするんです。。。

未婚の方・・・ 大切な恋人 未来の子供の為

既婚の方・・・ 愛する家族の為

本来の寿命をまっとうしましょうね☆☆

 

女性の皆様  乳ガン・子宮ガン検診に行きましょうね (*^^)v

 

Menu

HOME

 TOP